まつ毛を強調する女性

ED診察はサービス充実だが高価

ED治療を受けつもりでいるなら、保険が効かないということをあらかじめ知っておく必要があります。健康保険が適用外ということは、所謂、自由診療で治療を受けることになってしまいます。料金設定は病院が自由に出来るということです。診療科は、バイアグラやレビトラなど薬治療対応中心となるので、内科でも泌尿器科であっても構いません。
ただし、本格的な治療を受けたいというときは、ED専門と表記のある病院へ行くことが大切です。内服薬のみ出してもらう場合は、治療費用が掛かりません。ちなみに、内服薬は最低1錠から出してもらうことができます。しかし、治療はなくとも診察は必要です。内服薬を貰う毎に診察は必要となってきます。
診察に関しても健康保険適用外なので全額を自己負担することになります。医師の判断によっては検査を受けることもありえます。但し、クリニックによっては初診料や初回診察料を割引にしてくれたり、キャンペーン中で料金を割引にしてくれているというサービスもあります。
病院でED治療を受ける場合、内服薬による治療以外にも様々な治療内容があります。
男性ホルモンが不足しているときには男性ホルモンを打ってもらえたりするし、器具を使ったりしてED治療を受けることができる場合もあります。海綿体などの注射を打ってもらうことができる治療法もあります。
悩んでいたりするときには色々と治療もアドバイスしてもらえますし、薬の種類も沢山あります。
とにかく処方してもらいたいと考えているときには、小さな開業医と言う方法もありますが、やはり専門医は確実です。ED治療薬(勃起不能治療薬)を処方してもらう事で男としてのプライドを取り戻し、充実した性生活を送れるようにしましょう。
また、レビドラやシアリス、バイアグラは通販サイトで格安に入手できる方法もあるので参考にしてみてください。

あわせて読みたい記事