.bookや.netなどのドメインで一番良いのは?

新しくドメインを購入する価格や年間の更新料はドット以降の選択により価格が変わります。種類は現在600を超え、非常に多くパターンがありますが、圧倒的に利用数が多いのが「.com」です。ドットコムは年間で1,000円強の価格帯となっており、最もベーシックなものとなっています。

次いで利用者数が多いのが「.jp」です。日本限定のドメインですが、購入価格や更新価格は3,000円程度。非常に高価なものである一方で公式サイトとしての認識が強く、価値のあるサービスとして挙げられています。その次に人気なのが「.net」でしょう。魅力はなんといっても価格面です。200円程度で年間更新ができるため、バックリンクやアフィリエイトサイトなどにも活用できます。大量のサイトを作成するという場合にはぜひ活用してほしいサービスですね。

さらに価格が安いドメインも存在し「.xyz」は購入価格30円というものまだあります。すべての会社が扱っているわけではありませんが、採用しているところもあるので負担を抑えたいかたは活用してみてください。

現在、ドメインの種類によって順位表示に影響される可能性はほとんどありません。ただし、海外のドメインを使う場合は気をつけましょう。まず日本では買えないものも存在しますし、料金が非常に高いというケースもあります。「.ch」は中国、「.us」はアメリカといったように.jpに似た形で存在しているので購入の際は気をつけてくださいね。

サイト自体は日本のものなのに、「.ch」だった場合はアップしている国が違うためグーグルからの評価が落ちるケースがあります。というのも元の運営者と今の運営者が異なり、過去のサイト実績等はないものだと評価される可能性があるからです。流通していることが少ないので、見かけることは少ないかもしれませんが、ラビエルを使って採集するときには検索に引っかかるケースがあります。リンクの質が良くて、ランクが高かったとしても利用はできないので注意してくださいね。

海外のものを扱っているサイトも一部ではありますが、あることはあります。しかし、前述したように順位表示に影響が出るためおすすめはできません。バックリンクとして使うのであればコストパフォーマンスを考えて、他にした方がよいでしょう。

中には.bookや.tokyoのように変わったものもあります。ある程度は好みの部分にもなりますので、自分自身が使ってみたいと思うものを選んでくださいね。

関連記事