まつ毛を強調する女性

得体の知れない海外医薬品は買うな!

インターネットを使えば、海外の商品でも簡単に個人輸入をすることができます。
医薬品等は、薬事法により、営業目的の場合は厚生労働大臣の認可許可等が必要となります。しかし、個人輸入の場合は、営業目的でないという証明等は必要になりますが、可能です。

インターネットで検索をすると得体の知れない海外医薬品がズラリと並んでいるサイトも散見されます。たとえば、飲んで寝るだけですぐに痩せるとか、副作用なしで痛みが消えるなどという商品があります。
しかし、海外の得体の知れない海外医薬品は、個人輸入する場合、日本国内で認可されていない成分が含まれていたり、更には表示されている成分以外の有害な成分が含まれているということも現実にあります。

医薬品ではありませんが、一時ブームになった電子たばこでも禁煙のために買っているのにそこにニコチンの成分が含まれていたり、発がん性物質が含まれていたりととても問題になりました。本当に健康の事を考えて薬を飲んだりするのであれば、必ず病院の診察を受けて医師に処方された薬を飲む事をお勧めします。

得体の知れない海外医薬品を服用して後遺症が出ても何の補償もされない可能性もありますし、周りに買おうという方がおられましたら、絶対に買うなとアドバイスをしてあげてほしいです

あわせて読みたい記事