ドメインはマジェスティックなど複数のチェック手法

ドメインはウェブサイトには無くてはならないものですが、アルファベットの並びだけで選ぶのはもったいないです。長くインターネットが使われていますが、取得されたドメインは数多く、また、多くが放棄されています。放棄された物件は再販業者が買う場合もあれば、そのまま時間がすぎて新規扱いになっている物件も多くあります。過去にウェブサイトで利用された場合は検索サイトでの評価が残っている場合が多くなっており、この評価を引き継ぐ手法が注目を集めています。中古ドメインの活用は特に新規のウェブサイトやサテライトサイトで注目されています。そもそも何が評価されているかと言えば、検索サイトに残されているインデックスと各種SNSやブログなどに残されたバックリンクです。どちらもツールで作れば検索サイトからペナルティを受けやすいものであり、構築には時間がかかります。これらは同じカテゴリのコンテンツを持つドメインなら引き継げるのです。検索サイトでは所有者をチェックしませんので新しいサイトであってもリニューアルされた程度に考えるケースが多く、インデックスは活かされるのです。また、バックリンクについても同様であり、パスがあっていればすぐにでもPVが集まってくる場合も多いです。そのため、ウェブサイト用にドメインを取得するなら事前に複数のチェックをしてから選びたいものです。1つめは検索サイトでのチェックです。予定しているアルファベット綴で検索してみるとよいです。インデックスが作られていれば出てきますし、カテゴリやキーワードが分かります。特にカテゴリについては合わせないとうまく引き継げない場合が多いのでしっかり確認します。また、ウェブサイトの履歴を確認するチェックサービスがあります。このサービスはどのようにウェブサイトが移り変わったかがキャッシュ付きで分かります。特にコンテンツについてチェックしておきたいです。アダルトや違法サイトでないかもここで分かります。バックリンクについてはマジェスティックなどを利用すれば数や質が分かります。バックリンクはあればいいというのがSEOで言われることが多かったのですが、検索サイトでのアルゴリズムが変わったことで意味のあるリンク以外は無視される傾向が強くなっています。特にツールで作った場合はすぐに見破られることが多くなっています。あまりに多いとペナルティでインデックスがなくなるケースも多いのでしっかりチェックしておきたいです。

関連記事