ドメインの構造と部分マッピングについて

ウェブサイトやウェブサービスにはドメインがあった方がいいのですが、設定によっては検索サイトでの評価に繋がるので注意が必要です。検索サイトでのドメインの扱いは所有者は関係なく、ロボットがチェックした際のコンテンツだけが利用されます。そのため、過去に利用履歴があった場合はその評価を引き継ぐことになります。関連しているコンテンツが多いなら検索サイトでの評価がいきなり上がることが多くなりますが、逆に評価が下がる場合もあるので取得前に検索サイトでドメイン検索をしてみておくとよいです。Webサイトの評価を上げる手法としてはサテライトサイトが使われることがあります。検索アルゴリズムが変わったことで利用率は下がってきたと言われていますが、特にサブドメインで利用する場合は注意が必要です。以前の検索アルゴリズムでは部分マッピングは別ウェブサイトとして扱ってもらうテクニックとして注目を集めていましたが、IPアドレスのチェックが厳しくなったこと、コンテンツ自体のチェックが厳しいこともあってサテライトサイトを作るなら別サーバで可能な限りIPアドレスも離すことが求められています。レンタルサーバ業者の中にはIP分散オプションを用意して別カテゴリのIPアドレスを配置してくれることも増えていますが、サブドメインを多様していた場合は修正しておきたいポイントになっています。検索サイトではサテライトサイトへのチェックが厳しくなってきており、最悪ペナルティとなる場合があります。ペナルティは宣言されずに実行され、いきなりインデックスが消え、ロボットもきてくれなくなる場合が多いです。この場合、新規にコンテンツを作っても無視されてしまいますので要注意です。また、一度ペナルティをうけた場合は長期的に無視される傾向があります。そのため、何もしらずに新規に取得し、検索ロボットが来てくれないと嘆くウェブサイト管理者も少なからずいるようです。新規に取得する際は検索サイトでインデックスがあるかを確認し、さらに履歴を確認できるサービスで過去の利用履歴を確認しておきたいです。履歴があるのにインデックスがない場合は要注意です。また、検索サイトでのペナルティがないがインデックスされないケースもあります。それはメールアドレスのブラックリストに入っている場合です。この場合は過去にスパムを大量に配信していたり、ウイルス入りのサイトを構築した場合なので注意したいです。

関連記事