ドメインを無料で手に入れるには

ドメインを無料で取得できないのか考える女性 ドメインを無料で手に入れるには、無料ブログを開設すれば無料で手に入ります。レンタルサーバーを借りても手に入るのですが、レンタルサーバー代は掛かります。また、独自ドメインを取得した際には当然年間の利用料が掛かってきます。これも年間数十円から数万円なので特別高いものでもないのですが、無料というわけにはいきません。しかし、無料のものだと元のブログサイトに所有権があるため、いつ消されるかがわかりません。レンタルサーバーなら消されることはないのですが、そのサーバーに依存するため、他のサイトに乗り換えてブログやサイトを運営することは不可能です。何が良いというのは一概には言えないのですが、サイトやブログを本格的にやるのであれば、独自に取得しておいて損はないでしょう。またそれほど高いものでもないです。そしてドメインにもいろいろ種類があって、「.com」「.jp」などがよく目にするものです。特にどれがseoに強いとかいうことはなく、一般的なものを取得しておけば問題ないです。あまりに特殊な種類のものを選択すると、そのサービス自体が永久に終了しないという保証もないので、一般的なものの方がそういった面では安心でしょう。またドメインを独自に取得した場合と、無料ブログやレンタルサーバーの場合ではseo的にも多少の違いがあります。まず、無料やレンタルサーバーでは、それらの元のサイトに依存します。そのもとの無料ブログ自体のseoが弱いと、自分のサイトにまで影響するという場合もあるのです。そして、そのサイトばかりを表示するわけにはいかないため、同じブログサイトサービスを利用している同士でもランキング争いになると言われていますが、これに関しては定かではないです。seoのアルゴリズムはグーグルも公開しているわけではないので、憶測の域をでません。seoはだいたいそんなものです。多くの先人たちが、ツールを駆使して、どのようにやれば検索上位に行けるのかということを長年研究しています。これはあくまで実験的にいろいろ試しているもので、アルゴリズムのプログラムを解析したとかそういうことではないです。そのため、seoは重要で、頭に一通り入れておくのはもちろんなのですが、絶対的なものではないということを知っておいた方が良いです。あくまでseo対策は補助的なもので、メインはもちろんコンテンツです。ブラックハットも今はスパムが厳しいので気を付けてください。

ドメインを買ってみよう

ドメインを購入する女性 ドメインは無料ブログサイトやレンタルサーバーを使うときに配布してもらうことができます。しかし、この方法だと貸し出している側のサイトに依存します。すると何が起こるのかというと、seo上も上位サイトの影響をもろに受けますし、またサイトの引っ越しができなくなります。その借りているサイトの空き領域にドメインを所有することになるので当然と言えば当然です。そこで、自由に使えて便利なのが独自ドメインです。これはそれ専門に扱っている業者が存在し、その業者に借りることになります。ここで借りたものを使って、レンタルサーバーに持っていくような使い方も可能です。その場合にはレンタルサーバーの種類に依存することもないので、自由にレンタルサーバーを変えることが可能です。seo上も純粋に自分のサイトの評価になります。また独自に借りてもそれほど高いものでもなく、年間数十円から数万円で借りることが可能です。レンタルサーバーなどを途中で変えるのに困るのはなかなか厄介で、一から作り直しに近い状況になります。元のサイトにリンクを貼って、新しく解説するのがだいたいのパターンですが、それでもseo的にベストな方法ではないでしょう。被リンクも一度古いサイトに飛んで、そこから今のサイトに来るような感じになります。当然グーグルからの評価もそれに対応するものになります。独自ドメインには、新規のものと中古のものがあります。どちらが良いというわけではないのですが、新規は無難だけど時間が掛かる、中古はリスクもあるけどうまく活用できる場合もある、と思っておけば間違いないです。新規はもちろん最初はまったくグーグルからの評価がない状態なので、地道にコンテンツを更新し、クローラーの巡回回数を徐々に増やしていくことになります。これには数カ月から半年はかかり、収益目的の場合も地道な努力が求められます。それが実るのは数カ月から数年先です。一方で、中古のものは、過去に運営されていたサイトの状況を引き継ぐ可能性もあります。クローラーが巡回する流れができていれば、新規のものより最初からクローラーが来ますし、また被リンクの数が最初から多い場合もあります。するとそこからクローラーが飛んできます。しかし、過去のサイトがスパム判定を受けていると、逆にクローラーは来なくなります。この状況はむしろ新規よりも不利です。それらはツールで過去の状況を調べることが可能です。

関連記事